SEO

SEO対策とは | 基本とやり方

 

 

今回は、SEOの意味と、SEO対策の基本とやり方についての解説です。

 

SEO対策は、ネットビジネスで売り上げを伸ばすためのネット上での集客のためにはとても重要な対策になりますので、動画をご覧いただいてしっかり理解してください。

 

 

SEOの意味とSEO対策の基本とやり方についての解説動画

 

 

 

 

 

SEO対策とは

 

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。

 

「検索エンジン最適化」と言われてもまだよく分りませんよね。


 

簡単に言うと、GoogleやYahoo等の検索エンジンで検索されたときに、検索結果で上の方に表示されるようにすることです。

 

 

検索結果で、一番上に表示されることを検索結果1位といいます(広告を除きます)。

 

 

 

 

検索エンジンとは

 

検索エンジンとは、インターネットに存在する情報を検索する機能のことです。

 

 

サイトの数は人の数より多く存在すると言われていますが、検索エンジンの存在がなければ、ほとんどのサイトはアクセスすらしてもらえないと思います。

 

 

なぜなら、検索エンジンがなければ、特定のサイトにアクセスするためには、そのサイトのURLを直接、検索欄に入力する必要があるからです。

 

 

アクセスしたいサイトのURLをすべて覚えているなんて普通の人にはほぼ不可能ですよね。少なくとも私には絶対に無理です。。。

 

 

検索エンジンのお陰で、調べたいキーワードを検索欄に入力するだけで調べたいことが書かれているサイトに簡単にアクセスができるようになっています。

 

 

つまり、サイトへのアクセス経路はほぼ100%検索エンジンと言えます。

 

 

一般的に日本国内で使用できる検索エンジンは、Google、Yahoo、Bingの3つあります。

 

 

 

Google検索ランキング別クリック率

 

サイトへのアクセス経路はほぼ100%検索エンジンになりますが、Internet Marketing Ninjas社というリサーチ会社によると、検索結果で上位に表示されたサイトのクリック率が高いことがわかっています。

 

2017年度の検索ランキング別クリック率は次のようになっています。

 

1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

 

 

クリック率21.12%ということは、つまり、100人の人が同じ検索ワードで検索したときに、約21人の人が1位に表示されているリンクをクリックするということです。

 

 

検索ランキングから分かるとおり、1位と2位で全体の約3割、5位までで全体のクリック率の約5割を占めます。

 

 

検索結果で上位に表示されないと、リンクをクリックしてもらえてサイトアクセスしてもらえる可能性はかなり低くなります。

 

 

あなたがどんなに素晴らしい内容の記事を書いても、検索結果の上位に表示されなければあなたのサイトにアクセスしてもらえる可能性はほとんどないということです。

 

 

 

SEO対策

 

SEO対策とは、つまり、検索結果の上位に表示されてクリック率を上げて、サイト訪問者を増やすための集客対策です。

 

 

ネットビジネスで売上を増やすためには、たくさんの人にあなたのサイトに訪問してもらい、あなたのサイトに設置されている広告をクリックしてもらったり、広告をクリックして商品を購入してもらうことが必要です。

 

 

SEO対策とは、ネットビジネスを行う上で、たくさんの人にあなたのサイトに訪問してもらうための集客のための対策です。

 

 

 

Google検索エンジンの仕組み

 

検索結果の上位に表示されるためには、検索ランキングがどのようにして決定されるかについて理解しておくことはとても役に立ちます。

 

 

Google は、「読者に役立つサイト」を検索結果の上位に表示させています。

 

 

理由は簡単です。

 

 

何か知りたい情報があってGoogle検索を使って検索をしても、知りたい情報が全然みつからなかったらどうしますか?

 

 

別の検索エンジンを使おうと思いますよね。

 

 

知りたい情報を検索してもみつからなければ、顧客離れならぬ、「検索ユーザー離れ」が起こります。

 

 

Googleの収入源の約9割は、検索結果画面に掲載される広告費です。

 

 

広告収入が成り立つのは、たくさん広告を見てくれる検索ユーザーがいるからです。

 

 

そのため、Googleは広告収入を増やすために、Google検索エンジンを一人でも多くの検索ユーザーに使ってもらえるように工夫、すなわち、知りたい情報を調べたらすぐに見つかるような検索エンジンにしていく努力をしています。

 

 

このような理由から、Googleは読者に役立つサイトを検索結果の上位に表示させています。

 

 

つまり、読者に役立つ情報を提供するサイトを作ることこそがSEO対策なんです。

 

 

検索ランキングがどのように決定されるかについては、こちらのサイトの「検索結果の順位が決定される仕組み」も合わせてご覧ください。

 

おすすめWordPressプラグイン③ | Google XML Sitemapsの設定と使い方【SEO対策】

 

 

 

 

検索ランキング上位になるための読者に役立つサイト

 

Googleが読者に役立つ優良なサイトだと判断する基準は次の2つです。

 

  • サイト訪問者の滞在時間が長い

 

  • 一人当たりのPV(Page View)数が多い ※PV数=閲覧ページ数

 

 

有益な情報がたくさんあれば、自然とそのサイトを閲覧する時間は長くなりますし、有益な情報が複数のページにあれば、一人当たりの閲覧ページ数も増えますよね。

 

 

 

 

SEO対策の方法(内部対策)

 

SEO対策の方法は、「サイト訪問者の滞在時間が長くなって」「一人当たりのPV数が増える」サイトを作る方法になります。

 

 

ブログ内で行える内部対策と、ブログの外から被リンクをもらう外部対策の2つの方法があります。

 

 

具体的な内部対策には次の方法があります。

 

 

1. 質が高い、オリジナリティのある読者に役立つ記事を書く

 

質の高いオリジナリティのある記事を書くことは、SEO対策の大前提の基本です。

 

そのため、次のような行為にはペナルティが課され、検索ランキング圏外にとばされて、サイトのアクセスがなくなるおそれがありますので、くれぐれも行わないように注意してください。

 

  • 他人のサイトをただコピペしただけの全くオリジナリティのない記事を書く。

 

  • 記事数を稼ぐためにたくさんの短い記事を書いてサイトの質を低下させる。

 

  • アクセス数を増やすために、記事タイトルと関係のない内容の記事を書く。

 

 

 

2. 画像や動画を活用する

 

知りたい情報がのっているサイトであっても、文字がびっしり書かれたサイトだと、読む気が失せて、すぐにサイトから離れられてしまいます。

 

 

百聞は一見にしかずと言いますが、画像や動画を活用して、読者が読みやすい記事を書くことが大切です。

 

 

特に、動画を一つ記事の中に入れるだけでその動画を見終わるまではそのページに滞在してもらえますので、サイト訪問者の滞在時間を伸ばすのに有効です。

 

 

画像や動画のアップロードと埋め込み方については、こちらをご覧ください。

 

WordPressの使い方② |画像と動画をアップロードして埋め込む方法

 

 

 

3. 関連記事のリンクを貼る

 

記事内に、関連記事のリンクを貼ることによって、検索結果に表示された記事だけでなく、関連記事のページも閲覧してもらえる可能性が高くなります。

 

 

関連記事のリンクを記事内に貼ることで、一人当たりのPV数も増えますし、結果として、サイト訪問者の滞在時間を伸ばすことにもつながります。

 

 

 

4. 人気記事ランキングを設置する

 

サイドバーに人気記事ランキングを設置することによって、人気記事ランキングに表示されている記事にも興味を持ってもらえて、検索結果で表示された記事だけでなく、人気記事ランキングの記事も閲覧してもらえる可能性が高くなります。

 

 

関連記事のリンクと同様に、サイドバーに人気記事ランキングを設置することで、一人当たりのPV数も増えますし、結果として、サイト訪問者の滞在時間を伸ばすことにもつながります。

 

 

 

5. サイトマップを作成する

 

どこに何がのっているのか分からないサイトだと、せっかく訪問してもらえても、すぐにサイトを離れられてしまいます。

 

サイトマップを作成して、サイト訪問者が知りたい情報をすぐに探せるようにしておくことも大切な対策の一つです。

 

 

 

6. 毎日記事を更新する

 

記事を更新することは、常に新しい情報を発信していて、新鮮な情報を届けていることにほかなりませんので、毎日更新がされているようなサイトは、Googleからは読者に役立つサイトとみなされます。

 

 

 

 

SEO対策の方法(外部対策)

 

具体的な外部対策には次のようなものがあります。

 

 

1. 外部サイトから被リンクをもらう

 

被リンクとは、他のサイトに貼られた自分のサイトのリンクのことです。

 

 

被リンクがもらえるということは、それだけ読者に役立つ情報がのっているからだというようにGoogleは判断しますので、被リンクがもらえればそれだけ検索ランキングも上昇します。

 

ただし、被リンクをもらうためだけに、内容のないサイトを自分でたくさん作って被リンクをもらうような自作自演を行うと、Googleからペナルティが課され、検索結果の圏外にとばされてアクセスがなくなる結果になりますので、くれぐれも注意してください。

 

 

被リンクとPR(ページランク)

 

Googleは信頼できるサイトの指標として、すべてのサイトにPR、つまりページランクをつけています。

 

 

内容のないサイトからたくさん被リンクをもらうよりも、Googleがすでに読者に役立つ情報を提供しているサイトだと信頼しているサイトから一つ被リンクをもらう方が、SEO対策上有効だと言われています。

 

 

PRが低い100のサイトから被リンクをもらうよりも、PRが高い1つのサイトから被リンクをもらうほうがSEO対策としては効果的です。

 

 

 

2. SNSで拡散する

 

TwitterやFacebook等のSNSで拡散すると、検索ランキングが上昇すると言われています。

 

 

SNSでの拡散は被リンク効果ではありませんが、ソーシャルシグナルという、Googleの別の指標で判断されているため、検索ランキングを上昇させるのに効果的です。

 

 

 

3. ソーシャルブックマークサービスを利用する

 

はてなブックマーク等のソーシャルブックマークを利用して被リンクをもらう方法でも、検索ランキングを上昇させることができます。

 

 

 

 

SEO対策はネットビジネスの集客対策として、あなたのサイトへのアクセス数を増やし、売上を増やしていくために絶対に必要になりますので、あなたもぜひ取り組まれてみてください。

 

 

無料メール講座登録