WordPress

WordPressの使い方② |画像と動画をアップロードして埋め込む方法

 

 

 

今回は、WordPressのブログ記事や固定ページに、画像と動画をアップロードして埋め込む方法についての解説です。

 

 

 

WordPressで画像と動画をアップロードして埋め込む方法についての解説動画

 

文字がびっしり詰まった記事では、せっかくあなたのサイトを訪問してくれた人も、読む気が失せてすぐにあなたのサイトを離れてしまうかもしれません。

 

 

画像や動画を活用して、読者が読みやすい記事を書くことは、サイト訪問者の滞在時間を伸ばすのにとても有効です。

 

 

画像や動画を埋め込む方法はとても簡単ですので、あなたも動画を見て、一緒に画像や動画をアップロードして、あなたの記事に埋め込んで活用してみてください。

 

 

 

 

 

画像のアップロードと貼り付け方

 

画像を貼り付けるには、まず、画像をWordPressにアップロードしてメディアライブラリーに保存します。

 

 

画像をアップロードする方法

 

投稿画面を開いたら、ビジュアルエディタの上にある「メディアを追加」をクリックします。

 

 

 

「メディアライブラリ」が表示されて、あなたがこれまでにアップロードした画像の一覧が表示されます。

 

 

あなたがまだ何も画像をアップロードしていなければ、こちらには何も表示されていないと思います。

 

 

あなたのパソコンに保存されている画像をアップロードするには、「ファイルをアップロード」タブをクリックして、「ファイルを選択」をクリックします。

 

 

 

あなたのパソコンのフォルダが開いたら、画像が保存されているフォルダにアクセスして、使いたい画像を選択して、「開く」をクリックします。

 

 

これで画像ファイルのアップロードは完了です。

 

 

画像ファイルは、ドラッグアンドドロップしてもアップロードすることができます。

 

 

また、投稿画面からではなく、管理画面のダッシュボードの左サイドバーから

 

「メディア」>「新規追加」

 

を選択しても、画像ファイルをアップロードできます。

 

 

 

画像の設定と画像を貼り付ける方法

 

画像をブログ記事や固定ページに貼り付けるには、編集画面を開き、画像を挿入したいところをクリックして、カーソルを合わせます。

 

 

カーソルを合わせたら、ビジュアルエディタの上にある「メディアを追加」をクリックします。

 

 

「メディアライブラリ」が表示されて、あなたがこれまでにアップロードした画像の一覧が表示されます。

 

 

挿入したい画像をクリックするとチェックマークがつきます。

 

 

画像が選択されていることを確認したら、右側の欄で、ファイルの表示設定を行います。

 

 

「URL」、「タイトル」、「キャプション」、「代替テキスト」、「説明」については何もしなくて大丈夫です。

 

 

「配置」はデフォルトでは「なし」になっています。プルダウンをクリックすると、「左」「中央」「右」から選ぶことができます。

 

 

画像の配置は、「左」寄せ「右」寄せを選択すると、画像が左寄せや右寄せになり、画像の横の余白に文字が入ってきます。

 

 

「右」寄せを選択すると、画像が右寄せになって、画像の左側に文字が入ってきます。逆に「左」寄せにすると、画像が左寄せになって画像の右側に文字が挿入されます。

 

 

「中央」揃えにすると、画像が中央に表示されて、画像の横の余白には文字が入ってこないようになります。

 

 

配置「なし」にすると、画像が左寄せで表示されて、画像の横の余白には文字が入ってこないようになります。

 

 

「リンク先」はそのままで大丈夫です。

 

 

「サイズ」は、画像の大きさにもよりますが、フルサイズだと、画面からはみ出す可能性があるので、「大サイズ」か「中サイズ」を選択します。

 

 

設定が終わったら、「投稿に挿入」をクリックすれば画像の貼り付けは完了です。

 

 

 

画像の編集

 

画像は編集中の記事や固定ページに貼り付けたあとも、編集することが可能です。

 

 

編集方法は、画像の上でクリックすると次のようなメニューが表示されます。

 

 

画像の配置は、表示されているボタンで、「左寄せ」、「中央揃え」、「右寄せ」、「配置なし」に設定を変えることができます。

 

 

「えんぴつ」のボタンをクリックすると、編集画面に移動します。

 

 

一番右の「バツ」のボタンをクリックすると、画像を削除できます。

 

 

「えんぴつ」の編集ボタンをクリックすると、画像の配置を変更できるほか、サイズを変更することもできます。

 

 

編集が終わったら、「更新」をクリックします。

 

 

 

 

アップロードした画像の編集の仕方

 

一度アップロードしてメディアライブラリーに保存した画像は、編集することができます。

 

 

管理画面のダッシュボードの左サイドバーから、

 

「メディア」>「ライブラリ」

 

を選択して、メディアライブラリーにアクセスします。

 

 

メディアライブラリーには、投稿画面の「メディアを追加」ボタンをクリックしてもアクセスできます。

 

 

メディアライブラリにアクセスしたら、編集したい画像をクリックして選択したあと、右側の欄の「画像を編集する」をクリックします。

 

 

画像を回転したり、反転したり、トリミングやサイズを縮小することができます。

 

 

詳しい画像の編集方法については、動画で解説していますので、そちらをご覧ください。

 

 

 

 

アップロードした画像が表示されないとき

 

メディアライブラリーの画像は、記事本文やアイキャッチ画像で一度使用した画像は、メディアライブラリーから削除すると、使用した画像が表示されなくなります。

 

 

記事本文やアイキャッチ画像で使用した画像はメディアライブラリーから削除しないようにします。

 

 

逆に、メディアライブラリーにアップロードした画像でも、記事本文やアイキャッチ画像で使用していないものは削除しても大丈夫です。

 

 

使用していないものは削除しておくと、サイトが重くならずに処理スピードがスムーズになるので、時々整理して使用していないものは削除することをおすすめします。

 

 

 

 

動画のアップロードと埋め込み方

 

今回は、一番使われているYouTubeの動画を埋め込む手順について解説します。

 

 

 

1.YouTube動画の「埋め込みコード」をコピーする

 

動画の「埋め込みコード」をコピーします。

 

 

やり方は、埋め込みたいYouTube動画の上で右クリックをすると色々なメニューが表示されるので、その中から「埋め込みコードをコピー」をクリックします。

 

 

これで、埋め込みコードがコピーできました。

 

 

 

2.コピーした埋め込みコードを投稿記事に貼り付ける

 

埋め込みコードがコピーできたら、記事の投稿画面に戻ります。

 

 

動画の「埋め込みコード」の貼り付けはビジュアルモードではなく、テキストモードで行います。

 

 

動画の「埋め込みコード」を貼り付けるときには、「テキスト」のタブをクリックして必ずテキストモードにします。

 

 

 

動画を埋め込みたい箇所をクリックしたら、

 

「右クリック」>「貼り付け」

 

を選択して、先ほどコピーした「埋め込みコード」を貼り付けます。

 

 

 

3.埋め込んだ動画を確認する

 

動画の埋め込みがちゃんとできたか、「ビジュアル」タブをクリックして、ビジュアルモードで確認してみます。

 

 

ちゃんと埋め込みできていることが確認できたら、「プレビュー」をクリックしてプレビューで確認してみます。

 

 

再生をクリックして、ちゃんと再生されれば動画の埋め込みは完了です。

 

 

 

無料メール講座登録♪