ネットビジネスノウハウ

ネットで安定収入を生むダイレクトレスポンスマーケティング

 

ネットビジネスで、個人で爆発的な収益を生み出せるマーケティング手法であるダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)についての解説です。

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の動画講義

 

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは

 

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、直接(ダイレクト)反応(レスポンス)のあった見込み客に絞って販売をかけていくマーケティング手法です。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングと反対に位置するマーケティング手法としてマスマーケティングというのがあります。

 

 

マスマーケティングの代表例で一番わかりやすいのがテレビのCM広告です。テレビのCM広告は商品に興味がある、ないにかかわらず、テレビを観ている不特定多数に対して商品販売をかけるマーケティング手法です。

 

 

目の前にお客さんが10人いて、その10人全員に商品の売り込みをしていくのがマスマーケティングです。

 

 

潤沢に資金があるならマスマーケティングをふんだんに活用して集客していくのも悪くありませんが、個人でビジネスを行う場合の集客方法としては、費用がかかりすぎてあまり得策ではありません。

 

 

これに対して、目の前にお客さんが10人いたら、お客さんにまず「この商品に興味がある人はいますか?」と聞いて、手をあげてくれた人にだけ商品の売り込みをしていくのがダイレクトレスポンスマーケティングです。

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)のメリット

 

ダイレクトレスポンスマーケティングのメリットは、

 

  • 効率的に集客できる
  • 高い成約率になる

 

の2つになります。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングのメリット1.効率的に集客できる

 

ダイレクトレスポンスマーケティングは、最初に「商品に興味があります?」とお客さんの反応を確認したうえで、反応があった見込み客に対してのみ商品の売り込みをかける手法です。

 

 

レスポンスのあった、商品に興味がある人にだけ販売を行えるのでとても効率的です。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングのメリット2.高い成約率になる

 

ダイレクトレスポンスマーケティングではお客さんの連絡先を入手できるので、お客さんと双方向のやり取りをとおして、信頼関係を築くことができます。

 

 

お客さんと信頼関係を築くことによって、お客さんのレスポンス(反応)にあわせて、提案する商品や発信する情報を柔軟に変えることができるため、必然的に、商品の成約率は高くなります。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングでは、効率的に集客できて、かつ、成約率が高いので、個人でも爆発的な収益を生み出すことが可能なマーケティング手法といえます。

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の流れ

 

一般的なWebマーケティングの流れは、

 

 

「集客」と「販売」の2ステップです。

 

 

これに対して、ダイレクトレスポンスマーケティングの流れは、

 

 

「集客」と「販売」の間に「教育」というステップが入った3ステップです。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングでは、集めたお客さんに対して、いきなり商品を売り込むことはせずに、「教育」をするのが特徴です。

 

 

私たちの「物を買う」という購買行動は、過去に教えてもらったことや教育によってかなり影響を受けます。

 

 

例えば、小さいお子さんがいるママの中には、100円の普通のおにぎりと200円の無添加のおにぎりのどちらを買いますか?と聞かれて、無添加のおにぎりを買う人が結構います。

 

 

これは、添加物が体に悪いという教育が購買行動に影響しているためです。

 

 

なので、集めたお客さんに商品を売り込む前に、商品についての情報提供をしてその商品について知ってもらって購買意欲を高めるような教育をしていくことは、とても効果的です。

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング×メルマガ

 

ネットビジネスにおいて、ダイレクトレスポンスマーケティングとメルマガの相性は最強です。

 

 

わかりやすく、ダイレクトレスポンスマーケティングの流れとメルマガの流れを組み合わせてみるとこんな感じになります。

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング×メルマガ集客

 

メルマガでダイレクトレスポンスマーケティングを行う場合、「集客」にあたるステップは、メルマガに登録してもらうことです。

 

 

従って、メルマガに登録してもらうためのメルマガ登録フォームを設置したページを作り、ブログやSNSなどからそのメルマガ登録フォームのあるページにアクセスを集めて、メルマガの登録を促します。

 

 

つまり、

 

「メルマガでの集客」=「メルマガの読者集め」

 

になります。

 

 

ちなみに、ネットビジネス業界では、メルマガ読者のことを「リスト」と呼んでいます。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング×メルマガ教育

 

メルマガでダイレクトレスポンスマーケティングを行う場合、「教育」にあたるステップは、メルマガ、つまりステップメールでの情報提供になります。

 

 

ステップメールとは、メルマガ配信スタンドの機能のひとつで、あらかじめメールを書いて用意しておくと、あなたのメルマガに登録してくれた人に対してあなたが最初に設定した日時で自動的にメールを送ることができる機能です。

 

 

メルマガに登録してくれた日から1日目にこのメールを送って、2日目にこのメールを送って、3日目にこのメールを送って…ということが、全自動で行うことができます。

 

 

つまり、メルマガ配信スタンドのステップメール機能を使うとダイレクトレスポンスマーケティングにおいて最も大切な教育のステップを完全に自動化することができます。

 

 

収益の自動化には欠かせないアイテムの一つです。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング×メルマガ販売

 

メルマガでダイレクトレスポンスマーケティングを行う場合、「販売」にあたるステップは、「教育」のステップメールの最後にセールスページのURLリンクを設置してお客さんをセールスページに誘導することです。

 

 

 

というわけで、ダイレクトレスポンスマーケティングは、

 

1.反応が直接あった見込み客に対してのみアプローチして、

 

2.教育というステップを踏んでお客さんと信頼関係を築いたうえで

 

3.商品の販売を行っていく

 

という、とてもシンプルなマーケティング手法ですが、個人でも爆発的な収益を生み出せるマーケティング手法になっています。

 

 

このダイレクトレスポンスマーケティングのおかげで、広告費用をほとんどかけずに、サラリーマンの年収をネットビジネスでずっと稼ぎ続けていくことが可能になりますので、ぜひ、使いこなしていきましょう。

 

無料メール講座登録♪