SSL

ブログの始め方③+|WordPressのSSL化手順

 

 

今回は、WordPress(ワードプレス)ブログのSSL化の手順についての解説です。

 

 

 

SSLとは

 

SSLとは「Secure Sockets Layer」(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で、アメリカのネットスケープ社が開発したインターネット上の送受信におけるセキュリティ規格のことです。

 

 

で、SSL化をするというのは、簡単にいえば、ウェブサイトへの接続をすべて暗号化することです。

 

 

通信データが暗号化されているサイトの場合、URLが「https」(暗号化されていないサイトの場合は「http」)で始まっているので、URLを確認するとすぐに分かります。

 

 

 

SSL化のメリット(SSL化とSEOの関係)

 

 

SSL化すると、通信の始めから最後まですべて暗号化されるので、サイト訪問者の個人情報やログイン情報が盗まれる危険がなくなるので、サイト訪問者に安心してサイトにアクセスしてもらえるメリットがあります。

 

 

また、Googleから安全なウェブサイトだと認識してもらえて、検索結果で上位表示されやすくなり、結果としてアクセス増につながるというSEOの観点からもメリットがあります。

 

 

 

WordPressのSSL化の手順(新規開設ブログの場合)

 

新たに開設するWordPressブログのSSL化の手順は、とても簡単です。

 

 

①エックスサーバーでのSSL設定と、②WordPressのSSL設定の2ステップを行うことでSSL化することができます。

 

 

WordPressのSSL化の手順(SSLの設定方法)の解説動画

 

 

 

 

エックスサーバーでのSSLの設定方法

 

WordPressのSSL化の手順として、まず、エックスサーバーで対象ドメインのSSLの設定を行います。

 

 

手順1.エックスサーバーにログインし、ドメイン→SSL設定を選択

 

エックスサーバーのインフォパネルにログインしたら、

 

「ドメイン」>「SSL設定」

 

を選択します。

 

 

 

 

手順2.SSL化したいドメインを選択

 

「ドメイン選択画面」が表示されたら、SSL化したいドメインの右側にある「選択する」をクリックします。

 

※まだSSL化されていないドメインの場合、「独自SSL」の欄が「0個」と表示されます。

 

 

 

手順3.SSL化したいドメインに独自SSL設定を追加

 

「SSL設定画面」が表示されたら、「独自SSL設定追加」のタブをクリックします。「サイト」の欄にSSL化したいドメインのURLが記載されていることを確認して、「追加する」をクリックします。

 

 

これでエックスサーバーのSSLの設定は完了です。

 

 

 

WordPressのSSL設定の方法

 

続いて、WordPressのSSL設定を行います。

 

 

手順1.管理画面にログインし、設定→一般を選択

 

WordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインしたら、左サイドメニューから

 

「設定」>「一般」

 

を選択します。

 

 

 

手順2.WordPressアドレス、サイトアドレスの「http」に「s」を追加

 

「一般設定」の画面が表示されたら、「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のURLが「http」になっているので、「s」を追加して「https」にします。

 

 

 

どちらのアドレスも「https」に変更できたら「変更を保存」をクリックします。

 

 

これで新規に開設したブログのSSL化は完了です。

 

 

 

WordPressのSSL化の手順(記事投稿してあるブログの場合)

 

すでに記事投稿してあるブログのSSL化の手順は、上記の手順のほかに、WordPressブログのバックアップと画像や内部リンクなどのリンクのSSL化の手順が必要になります。

 

 

ココナラなどで外注すると1サイト4000円ぐらいかかりますが、無料で簡単にできます。

 

 

解説動画をご希望の方は、こちらにお名前とメールアドレスを入力のうえ送信していただくとすぐに、解説動画のリンクが送られてきます。

 

《WordPressのSSL化手順(記事投稿済みブログ)解説動画のご請求はこちら》







無料メール講座登録